レディー

通信制高校で楽々スタディ|無理のない学習法

適切な学習方法

眼鏡と本

科目の誤解

中学受験は大学合格や就職成功にまで至る非常に重要な試験です。ここで頑張ることができれば高校受験も大学受験も就職試験もしっかりと準備や対策をすることができます。しかしながら、中学受験で最も困難な科目があります。それは算数です。算数が苦手な子は非常に多いのが現状です。しかし、それは算数の正しい学習法を身につけていないからというのがほとんどです。よく誤解されることに「算数は発想力やひらめきがないと解けない」ということです。決してそのようなことはなく、練習問題や演習問題を繰り返しすることで算数の力は必ず身につきます。こうした誤解は親の保護者とこども自身に多いです。中学受験で最も大きな壁である算数を乗り越えるには適切な勉強方法が必要です。

解法パターン

算数はセンスやひらめきも必要ですが、そうしたものを身につけるには日々練習問題を解くことです。計算問題や文章問題を数多く解いて、それを復習すると、必ず算数はできるようになります。問題を多く解くこととそれを復習することが、こどもたちは嫌いなので、算数が苦手な子が多いだけです。また、解法パターンを覚えることも重要です。問題ごとに解き方がありますので、それを暗記することが大切なのです。パターンを覚えてしまえば、数字が変わっても解くことができますし、応用問題も大丈夫です。中学受験では誰もが算数を苦手としているので、適切な学習方法で学べば大きく差をつけることができます。独学でも塾でも良いので、こうした勉強を行いましょう。